fc2ブログ

外交員の勧誘方法とは・・。

ごまかしだらけの保険販売

長期入院すれば多額の費用がかかるから、
保険に入って備えましょうと訴える保険会社。

だが公的な制度を使えば、ある程度の対応は可能だ。
彼らの口車に乗せられてはいけない。

 どの保険会社のパンフレットにも、
「入院したら多額の費用がかかります」などとした上で、
「もしもの備えは万全ですか」と、保険の必要性を訴えている。

 しかしこうした記述は、確かに一面では事実であるものの、

別の側面から見ればクロに近いグレーな表現である。

例えば、長期入院などで医療費が膨れ上がったとしても、
自己負担する金額は実はそこまで大きくないからだ。

 これは、高額療養費制度というもののおかげ。

医療機関に支払う医療費が、所得に応じて決められた一定額を超えたら、
超過分の一部が払い戻されるという制度だ。

・・・・


下記の文面(赤色の枠)は、上記のグレーの勧誘方法と同じでは・・?。

平成23年2月1日・・被告準備書面(1)
(6)短縮24年2月1日

騙されない保険! by週刊ダイヤモンド 4/21号の画像
第一生命
商品がわかりにくく、保険料も必要以上に高い
年齢が高くなると保険料が上昇して支払いが・・・
・・しくなりやすく、加入者からの相談が多い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)短縮23年2月1日

割安な保険料で高額保障が続き・・・、
20年後には一生涯にかえて年金への移行を選択することもでき、
老後の保証も自在に設計することが出来る。

両者の保険の評価と認識は、全く異なるようです。





子供が小さい時、猫の鳴き声を、いつも真似していました。
ニャ~・ミャ~ではなく、この鳴き声でした。


スポンサーサイト



乙 証拠説明書

・・・証拠説明書・平成24年2月1日・1-2
平成24年2月1日付け、被告準備書面(2)の証拠説明書です。

乙4 検診書(写し)
平12年2月

乙5及び乙8 給付金請求書(写し)
平9年11月・10年6月

乙6及び9 入院証明書(写し)・通院証明書(写し)
平9年11月・10年6月

乙7及び10 給付金決了単票(写し)
平9年11月・10年6月

(乙3は、平成24年2月9日付け、証拠説明書訂正書が提出されました。)

・・診断書 800ピクルス
診断書                 告知書

(告知日 平成12年2月25日)
3年前に
、左眼眼座の腫れの為に、焦点があいにくくなり、眼科に2週間入院。

投薬のみで手術なし。退院後、視力1・5(右)1.0(左)
通院・治療もなし。



上記を要約すると・・、

平12年2月【検診書(診断書)】
平9年11月・10年6月・・。【入院・通院証明書】

(告知日 平成12年2月25日)
3年前に入院・・。
通院・治療なし・・。


・・です。


保険加入時には、虚偽の告知でも、問題なく素どうりしたようです。

いずれにしても、主人は、健康診断を受けた記憶が有りません。



生命保険 虚偽の告知について

生命保険について

転換等の場合は十分中身を調べましょう。
保険料が更新後とに大幅にアップする、支払い終了後保障が激減するなど

定年以降解約していくら支払い、いくら戻るのかを知ると
激怒するはずです。

何も無ければ何も残らない保険の場合があります。


準備書面(原告第2)

平成23年(ワ)第○○号 損害賠償請求事件
原 告  金 丸  ○○
被 告  ○○生命保険株式会社

        準備書面(原告第2)

                 平成24年4月17日

○○地方裁判所 民事○部○係 御中
                 原告訴訟代理人
                 弁護士 ○○○○


<被告準備書面(1)についての認否、反論等>
第1 被告準備書面(1)、第1について
 1 1について
 (1)訴状で主張した②と③の契約の間に平成4年8月1日成立の「リード21」契約が存したことについては、原告としては、わからない。

(2)原告が保険募集や契約締結の際に、被告からいろいろな資料の交付を受け、また、各契約締結後、被告から「お知らせ」の送付を受けてきたことは認めるが、通常、その都度、名称や内容を正確に認識し記憶するわけではない。

しかし、平成12年3月1日の本件「堂々人生・らぶ」への転換契約の勧誘と締結の際には、被告は原告に資料を渡していない。
そのため、①~④の契約の名称を明確に認識したのは、本件トラブルが発生した後の平成21年6月以降のことである。

  また、そもそも、生命保険の仕組みや内容を理解することは、保険の専門家以外の者にとっては極めて困難なことであり、現在でも、原告は、①~④の契約内容や特質等については十分理解できていない。

  弁護士や裁判官でも、生命保険の仕組みや内容に関係する事件に取り組んだ経験がない限りは、これらを理解するのは困難であり、それほど、生命保険の仕組みや内容は複雑で理解しにくいのが実情である。

その点では、医療事故事件や建築紛争事件に共通する面がある。


続きを読む

解約請求書にも、印鑑が2つ・・!?。

解約請求書

解約請求書・・・・・・2012蟷エ04譛・0譌・02譎・0蛻・7遘胆convert_20120420020324



解約請求書にも、印鑑が2つ押しています。
会社は、同じ印鑑と判断したのだろうか?。

私には、欠けた私の印鑑と、外交員がくれた印鑑の、2つに見えます。

そして、印鑑を押すときに、
かなり、たっぷりと朱肉をつけて、捺印したようです。

裏面に朱肉が染み出ています。

診断書と告知書

診断書と告知書は、裏表です。

検証をお願いします。

・・診断書 800ピクルス


「真実」の見分け方

「証拠があるから真相は○○である」とは断定できない。

決定的に大切なのは《「○○とは矛盾する事実」が存在しない》点だ。

もしある説明が一つの事実と矛盾する場合、それはその矛盾がなくなるまで修正されなければならない。

もし修正が不可能ならその説明は放棄あるいは「凍結」され、それを「真実である」と主張することはできない。

もしある説明がそれと矛盾する事実を意図的に無視する場合にのみ成り立つのなら、それはすなわち「虚構である」。


*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

にほんブログ村 事件・犯罪




堂々人生は、割安な保険料で高額保障?。

更新型保険への変更は損する


なぜ損するのか?得するには?

単純なことですが、日本は平和な国で
「まさか、大企業がそんなことするはずない」 と信じない人も多いのです。

保険の更新事態は違法でも不正でもありませんが、
私はこの行為を詐欺ギリギリだと思っています。

保険の内容は面倒なので契約者は細かい説明はなかなか聞きたがりません。

「現在の契約者が得する保険を、
うまいこと言って保険会社が得する保険に変えさせよう」

契約者は知らないうちに新しい保険に変えさせられ、
従来の得するはずの保険を損する保険にすり替えられてしまうのです。




割安な保険料で

保険料(団体扱い・月払い) 4万1135円
3ページ
ロ、 本件保険契約の保障内容等の特徴について (主契約)

割安な保険料で、死亡または高度障害状態という万一の場合の高額保障(5850万円の一時金及び遺族年金330万円を5年間支払う)が続き、

あらかじめ指定された年齢(指定年齢。本件では平成32年3月1日) 
以降は、一生涯保障(終身保険)へ移行することができる仕組みの保険である。


被告の準備書面では、
『堂々人生』は、割安な保険料と回答しています。

しかし、私には割安な保険料と主張する根拠が理解できません。
裁判で、納得のいく説明を期待したいと思います。



これは知人の元保険外交員、つまり営業担当や代理店など、複数の関係者に聞いた話です

外交員は新規契約をとるための要員。
新規契約は取れたらわずかに外交員に給料を支払う。
新規契約がとれなくても保険会社の収入はそのまま続く。

でも新規契約がとれない外交員はもう用済みなのでクビにする。


該当するのは刑法159条?167条?
父が勝手に保険契約されていました。
担当者を問いただすと、申込書の署名は、その担当者が代筆していました。
また、申込書の印鑑も、担当者が自分で買ってきたものを押していました。


これって犯罪だと思い、素人ながら調べてみました。
それで、刑法159条(私文書偽造・変造)と
刑法167条(私印・私署名の偽造・不正使用)の
どちらかが該当すると思いますがどうでしょう?



長い外交員生活は、切磋琢磨のようです!。

せっさ‐たくま【切×磋×琢磨】
琢磨」は玉・石などを打ち磨く意》学問をし、徳を修めるために、努力に努力を重ねること。
また、友人どうしで励まし合い競い合って向上すること。
「互いに―して技術改新を成し遂げる」


第一生命政界工作株主代表訴訟

第一生命政界工作株主代表訴訟

第2準備書面
平成24年3月1日
3) ③第一生命を擁護する質問等

しかし,山本議員の質問を全体的に見れば,
生命保険業界に対する好意的な姿勢が見て取れるのであり,

このような山本議員の姿勢は,
第一生命ないしは生命保険業界に対する厳しい批判を緩和させる効果があった。

そして,当時の第一生命にとっては,
第一生命ないしは生命保険業界に対する厳しい批判を緩和させること自体が
利益となるのであるから,

上記の山本議員の第一生命ないし生命保険業界に好意的な質問をしたことそれ自体が「便益供与」にあたる。

そして,参考人招致にあたり,金子議員が「山本筆頭(山本議員)に
- 4 -
は,ずいぶん頑張ってもらった」という発言があることからしても,
山本議員が第一生命の利益になるよう尽力したことがわかるのであり,


同議員は,その一環として,参考人質疑において第一生命を擁護する質問を行ったものである。


意 見 書
[文書提出命令申立書に対する意見に対する反論]
平成24年3月1日

2 文書提出命令の申立てによるべき必要性について
被告は,原告訴訟代理人のブログにおける書き込みを指摘し,

原告訴訟代理人が第一生命に関する内部文書を既に有しているようであるから,
文書提出命令申立ての必要性がないなどと主張する
(文書提出命令申立書に対する意見3頁6行目以下)。


第一生命政界工作株主代表訴訟では、
裁判の途中経過が情報発信されています。



プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR