fc2ブログ

全く理解できない保険内容比較説明。

平成9年7月1日契約      平成12年3月1日契約   
リードUポピー・・・・堂々人生ポピー・・・
上記は、本人・子型です。(妻を抜かしています。)

「リードU」と「堂々人生・らぶ」のポピー(保険内容のお知らせ)で比較しても、被告準備書面(1)と(2)で主張している保障内容の説明が、私には理解できません。


被告準備書面(1)平成24年2月1日   
3ページ と7ページ
(3)短縮23年2月1日・・・・(★7)平成24年2月1日短縮

3ページ
ロ、本件保険契約の保険内容等の特徴について(主契約)
 割安な保険料で、
死亡または高度障害状態という万一の場合の高額保障
(5850万円の一時金及び遺族年金330万円を5年間支払う)が続き、

330万×5回=1650万円で、この特約の保険料は4323円です。
★クリック→遺族年金保険料

リードUの死亡金額は、6000万円の一億です。

堂々人生(病気死亡)5850万円+1650万円=7500万円
堂々人生(災害死亡)6850万円+1650万円=8500万円


対比すると
災害死亡では、リードUが1500万円、多いです。
病気死亡では、堂々人生が1500万円、多いです。

つまり、相殺すると0円です。

転換で保障を下げて、
保険料4323円の年金特約をつけるのは、納得がいきません。

リードは、最高死亡金額が、一括受け取りで一億円。

堂々人生は、最高死亡保障が、6850万円+年金1650万円=8500万円。
しかも、年金は、契約者が死亡した場合のようです。
契約者が死亡しない時の年金は、もしかして、掛け捨て?。

(掛け捨てでない場合は、裁判で訂正をお願いします。)



あらかじめ指定された年齢(指定年齢。本件では平成32年3月1日)以降は、
一生涯保障(終身保険)へ移行することができる仕組みの保険である。

(リードは、一生涯保障300万円が保障されています。) 

契約の保障期間は10年だが、
保険期間満了後も健康診断などの手続きなしで指定年齢まで自動更新できる。

(リードも80歳まで自動更新できるはず)

保険期間満了時に生存しているときは、生存給付金(50万円)が支払われる。

更新された場合、生存給付金は更新後契約における生存給付金に対応する部分を買います保険料として自動的に充当され、
指定年齢に達した際には、一生涯保障に移行するための原資に充当される。


指定年齢に達した際には、一生涯保障にかえて年金への移行を選択することもでき、
老後の保障も自在に設計することができる
(甲1、乙1「ご契約のしおり 定款・約款」28頁など及び乙3」
 
更新のたびに自動的に充当されて、最後に幾ら残って年金に移行できるのか不明です。

特にこの部分は、素人には理解できないので、

裁判で、リードと堂々人生の保険料の差と、
一生涯保障と年金移行後の、


具体的な金額のシュミレーションを作成して

説明をお願いします



7ページ
啓子から、「(原告へ)一応、話をしておいた。夫はいいんじゃないかと言っていた。
あとはあなたから話して」旨をいわれたため、中○は次に原告と面談し、

「今までとは違う保険料免除の特約が出来ました。
保険料は少しアップしますが必要と思う。

保険料を大きく上げないため保障の部分を多少下げることになる。
生きているときの保証が大切。 

保険料払込免除特約が大事と思いませんか」等と説明した。 
その際には、従来の保険契約の内容との比較をして説明をした。


★7月7日面談・保障が下がった理由   
途中で減額を・・。
★7月1日電話・途中で減額した。   
減額したよ途中で。啓子の申し出で。


保険料免除特約のために、
110万3213円を充当して、保険料をアップして、保障を下げて、
2年間の不担保の条件をつけて、

堂々人生に転換する理由は、主人には有りません。
もしあるとしたら、具体的な根拠の説明を、裁判でお願いします。



(★)平成24年5月10日短縮13-4 (2) - コピー・・・(★)平成24年5月10日短縮13-5
平成24年5月10日 被告準備書面(3)

4ページ
予定利率は確かに2.90%から2.15%へ変更されているものの、

保障内容については保険金額、子の保障、疾病等の対する保障なども

概ね転換前と変わらないし



傷害保険特約、介護特約及び原告の希望していた保険料払込み免除特約が新たに付加されている一方で

傷害と介護特約はリードに付加できないのですか?。

もし、付加できるのなら、転換の理由には成りません。
また、保険料免除特約も、特に必要性を感じません。

ちなみに、保険料特約免除を付けると、保険料7%上乗せという噂がありますが、本当ですか?。


保険料は1000円程度増加しただけである
(乙3〈ご契約内容訳明細書〉)から、
総合的に原告手にとって「損害となる転換」とはとても言えない。
したがって原告の主張は失当である。

・・・
5ページ
本件保険契約が原告の要望に沿ったものあり、
既にのべたとおり総合的みれば「不利」などとは到底、評価できない保障内容なのであるから


被告には契約当事者としての債務不履行責任も認められないことが明らかである。


「堂々人生が顧客の要望に沿ったもの」
「堂々人生が不利と評価できない保険内容」
・・と、主張するのであれば、

その証明責任で、

「リードU」と「堂々人生らぶ」を比較した、シュミレーションをお願いします。



生命保険診断



スポンサーサイト



時系列検証(3)

★平成24年5月10日短縮13-2 ・・・★リードU内容短縮・・・★堂々人生申込書

●堂々人生申込書記入日 平成12年2月2日

●比較資料 作成日 平成12年2月2日


●平成24年5月10日 被告準備書面(3)
2ページ
 被告においては、平成12年3月の本契約以前から、既に保険契約の内容につき重要事項として

乙17(乙3と同内容。「ご契約のお申し込みにあたって、特に重要な事項のお知らせ」)を

募集時に作成し、顧客に渡して交付していた。



時系列検証(1)・・・ 被告準備書面(1)  平成24年2月1日


時系列検証(2)・・・ 被告準備書面[3) 平成24年5月10日



保険料は1000円程度増加しただけである・・とは?。

(★)平成24年5月10日短縮13-5・・・(★)平成24年5月10日短縮13-6・・・


平成24年5月10日 被告準備書面(3)

5ページ
免除特約が新たに付加されている一方で

保険料は1000円程度増加しただけである
(乙3〈ご契約内容訳明細書〉)から
乙第3号証

総合的に原告にとって「損害となる転換」とはとても言えない。
したがって原告の主張は失当である。

・・・
5ページ
本件保険契約が原告の要望に沿ったものあり、
既にのべたとおり総合的みれば「不利」などとは到底、評価できない保障内容なのであるから


被告には契約当事者としての債務不履行責任も
認められないことが明らかである。


6ページ
なお本件契約によって転換後契約に充当された転換価格は、

保険部分に対応する転換価格が92万2239円、
生存給付金に対応する転換価格が18万0974円、
合計110万3213円(乙18)であった。


また仮に原告の言うように転換が無効であるとすると、
被転換契約であるリード21が有効に継続していたことになるため、

原告が損害であると主張する被転換契約の
責任準備金は被転換契約にそのまま充当されていることになるから、

損害にはならない。


原告は、転換の無効を主張しながら、
被転換契約の消滅を前提として損害額を算定しており、矛盾がある。

・・・
6ページ
 平成4年8月1日成立の「リード21」契約の正確な表示及び主な内容は、
以下のとうりであり、被告は原告の平成5年5月22日から・・・




素人の私には、
「1000円程度増加しただけである。」

・・と、しながら、その一方で

「転換後契約に充当された転換価格は、
合計110万3213円(乙18)であった。」

・・と主張する、理屈が理解できません。


準備書面(3)の8ページで、

【保険数理等の技術的な問題を除き、
生命保険の基本的な仕組みや保障内容を理解することは、

原告が主張する程困難とは言えない。

そもそも転換するために原告の主張する「保険の専門家」としての理解を要するわけではない。】

・・と、主張しています。、

しかし、私はインターネットで調べるまで
「下取り転換」「定期保険」「保障型」その他、正確な意味を知りませんでした。

そして、身近な人に質問してもそれら保険用語を正確に理解している人は、ほとんどいませんでした。



[VOON] ★掛け捨てではない。

保険のトラブルの現場では、「掛け捨」と「保障型」の説明を、このようにしています。

「掛け捨てではない保障型」・・の業界用語の解釈をお願いします。


*

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

にほんブログ村 事件・犯罪





嘘を言う依頼人に同調する弁護士


クリック→★ 嘘を言う依頼人に同調する弁護士

弁護士は、依頼人が、事件処理の途中で、「嘘をついている」とわかっても、一緒に嘘をついて、嘘をつき通すのですか。お金のために。
それに、弁護士が偽造の証拠を法廷に提出することはあるんですか。
弁護士の数が増えています。将来弁護士の質が低下していくと思います。
願望ですが、弁護士数の増加に伴い弁護士会の懲戒処分の強化が必要ですね。


回答
民事事件でも、刑事事件でも、依頼人が嘘を言うことはよくあります。

しかし、弁護士は依頼人の利益を守る立場にありますので、
外部に対して依頼人の主張に反する主張をすべきではありません。

さらに、弁護士が嘘と思っても、それが本当に真実に反しているかは、わかりません。

その意味では、弁護士は、依頼人に同調せざるを得ないです。

弁護士の良心に反する場合は、代理人あるいは弁護人を辞任するしか方法はありません。

しかし、依頼人の行為の違法性の程度が高い場合、嘘が明白である場合は、
それに同調した弁護士の行為も違法でしょう。

例えば、依頼人が偽造の証拠を使用するよう求めた場合、明白な虚偽の事実を主張して積極的に新たな利益を求めている場合、これに同調する弁護士の行為は違法です。



宮崎地方裁判所平成21年4月28日判決
盗品等有償譲受罪で起訴された男性の弁護人を努めた際に,
同事件の被告人以外の者が,

真犯人である旨の内容虚偽の書面を作成して,
これを審理中の裁判所に提出し,
別の受任事件でも自白をしないよう容疑者を脅したとして,

証拠隠滅や脅迫などの罪に問われた弁護士に対し,
裁判所の適正な司法権の行使を誤らせ,
虚偽の証拠で冤罪を作り出そうとしたもので,

刑事司法の根幹を揺るがしかねず,
反社会性は,大変大きいなどとして,懲役1年6月を言い渡した


東京地方裁判所平成5年11月18日判決
そして、被告は、各文書の作成の経緯について、右の程度の調査をしただけで、

専ら、利三九が脳軟化症ではなかったという確信にのみ基づいて、
それに反する甲事件での原告らの主張及び書証の提出につき、

訴訟詐欺、有印私文書変造・同行使、有印私文書偽造教唆・
同行使及び虚偽有印公文書行使の各犯罪を構成すると考えて

本件告訴告発及び本件懲戒請求に及んだものである。


  3 被告が弁護士であり、犯罪の嫌疑をかけるのに相当な客観的な根拠の確認つき

一般人より高度な注意義務を課せられることからすれば、
本件で被告のした調査はあまりに不十分であり、


かつ告訴告発及び懲戒請求をした判断もあまりに軽率であったといわざるを得ない。

 よって、本件告訴告発及び本件懲戒請求は、
被告が犯罪(懲戒事由)の嫌疑をかけるにつき

相当な客観的根拠の確認をせずにしたものであり、

原告らに対する不法行為が成立する

2010.9.5



クリック→★民事訴訟事件の記録は誰でも閲覧ができるか

回答(閲覧)
裁判の公開の原則(憲法82条)を徹底するため、誰でも民事訴訟事件の記録を閲覧できることになっています(民事訴訟法91条1項)。

そこで、新聞記者も、訴訟記録を閲覧できます。


10年満期とは・・?。

(★)平成24年5月10日短縮13-7


平成24年5月10日 被告準備書面(3)

7ページ
証券番号  ○○
保険種類 定期保険特約終身保険 (S62) 65歳払済
        商品名 「リード21」
契約日   平成4年8月1日

・・・・
主契約死亡保障金額 400万円

定期保険特約 10年満期 4600万円

災害割増特約S58 10年満期 3000万円

障害特約S58 本人・妻・子型 10年満期 1000万円

定期保険特約終身保険 (S62) 65歳払済 商品名 「リード21」




被告準備書面(3)で、中○外交員が最初に転換した保障内容は
【契約日 平成4年8月1日・10年満期】・・と、成っています。
証券番号も記載されています。

ですから、その内容は正しいでしょう。

(この保険内容の、立証証拠書類は提出されていません。
証拠の追加は可能なので、提出を期待しています。)


しかし、10年満期とは、10年で更新きて、保険料が値上がりするという意味なら、、

私には、10年満期の保険に加入した記憶は有りません。

・・と、いうより、平成4年に転換した記憶自体が、有りません。





・・・・    




代筆代印は会社公認で行われていた!?。

平成24年2月1日 被告準備書面(1)
(★12)24年2月1日短縮・・・(★13)24年2月1日短縮

これでは本社から書類の取り直し指示が来る」旨を指摘された。

その理由は、原告も主張するとうり
(準備書面(1)1項下6~11行)、申込書の契約書欄の署名や押印欄は、

当時、保険証券(甲1)に「転写」されて表示されることとなっており、
各種契約保全手続の際にはその保険証券に押捺されている印鑑(押印)が必要とされていたため、

しっかりと押印がされていなければならない旨の事務ルールがあったからである。

原告の本件保険契約への加入意思が明確であると判断された経緯もあり、
取り急ぎ●●において代筆等をして各書類を作成・提出したものであった。

判断された経緯もあり・・とは、
外交員一人の判断でなく、印鑑不備を指摘した事務員と、その権限のある上司も承諾したという意味だろうか?。


へ、  
新しい印鑑は、●●が買い求め、
今後は保険関係にはこの印鑑を使用して欲しいと話して啓子に渡した。


実際には、当時の甲8(承諾書兼変更承諾書)には
「欠けている」印影と申込書(甲4)等に押捺されている印影との
両方が押されている。

これは、最初、欠けている印影のみが押捺されていたので、●●が原告宅を訪問し、

啓子か原告かのどちらか判然としないが、
欠けている印影の脇に、甲4等の押印と同一の押印をしてもらったものである。

このときは啓子に印鑑を渡した・・だけになっている。


平成24年5月10日 被告準備書面(3)
(★)平成24年5月10日短縮13-12・・・(★)平成24年5月10日短縮13-13

12ページ
しかし上記(3)は真実である。
なるほど、原告も指摘するとおり

「手続き中あるいは終了後にその旨をきちんと報告すべきであった」とは言える。
その点は、中○も反省すべき点であったと承知している。


つまり、原告は、契約書類の代筆代印の事実を知らない。

13ページ
中○は、上記(3)のとおり、
一旦は原告から「申込書」、「被保険者の妻・子に関する告知書」及び「保険証券再発行請求書」を原告自身の署名・押印により提出されたことで本件契約加入の意思が確定していると思い、

承諾ないし推定的承諾のもと署名等の代行を行ったに過ぎない。

13ページ
 甲8については、中○にも明確な記憶があるとは言えないが、
原告が欠けた印鑑を押捺したことに気づいた中○は、
多分、そのときに持参してきた印鑑(甲4~6に押捺された欠けていないもの)を原告か啓子に渡し、

その場で押してもらい、同印鑑を原告宅に置いてきた。

間もなくして、本件契約の保険証券が原告宛てに送付されるのであり、
そのときに保険上の印鑑を一致させる必要があるからである
(保険契約上の権利行使には証券に押捺された印鑑が必要である)。



実際に、本件契約成立後の原告による権利行使(給付金請求、減額及び解約手続き)においては
全て欠けていない印鑑が押捺されている(乙11~16)

以上


つまり、取り急ぎ代筆代印したが、内勤も権限のある上司も書類の取り直し依頼は無理と判断し、そのまま証券を作成した。

そして、顧客にはその事実を告げていない。
(何も知らない顧客が、各種手続きに外交員の印鑑を使用した?。)

乙第12号証
乙第13号証
乙第15号証


私の印象では、契約当時の状況設定が、まだ、確立していないようです。



時系列検証(2)

★平成24年5月10日短縮13-11 (2)

 被告準備書面(3) 平成24年5月10日
11ページ
(乙8~10)の各受給歴が本件契約時にはあった。

 被転換契約からの上記給付金給付歴が原告にあったため、

中○は、本件契約の申し込みに対する被告(保険引受部門)の承諾がなされるか否か懸念して、

原告に対して「会社の承諾が出るかどうか分かりませんので、
申込受理申請をします」と説明をし、


中○が被告本社へ申込受理申請をしたところ社医審査の決定が出、原告に対する社医審査が行われた(乙4、告知書は乙7)。

原告が被告宮崎支社にて被告社医による診査を受け、
その際自ら医的事項に関して社医に告知を行っていることは当事者に争いは無い。

このような経過を経てやはり給付金受給歴が影響したのであろう、
本契約の申込に対して「眼球及び眼球の付属器」(部位51)という
「特定部位」不担保の条件付きの(承諾)決定が被告からなされたこと

及びそれに対して契約条件が変わることとなる旨を中○が説明し、それに応じて原告自らが署名等をしたものである。

転換時に診査医による審査が必要なこと、
また審査の結果、引き受けができなくなる可能性や特別条件付きの契約となる可能性があることは、

保険契約締結に際して契約者が関心を持つ極めて重要な事項であるから、

中○も募集担当者として十分に説明を尽くしたし、原告も理解していたはずである。




被告準備書面(3)・・平成24年5月10日

原告が比較資料等(作成日平成12年2月2日)で説明を受けて転換を承諾したあとに会社に申込受理申請をし、

その決定後に、申込書(平成12年2月2日)に署名したと解釈すると、

さらに、時系列が滅茶苦茶になります。





時系列検証(1)。

堂々人生契約日 平成12年2月2日
比較資料作成日 平成12年2月2日


★堂々人生申込書・・・★リードU内容短縮


被告準備書面(1) 平成24年2月1日 7頁
(★7)平成24年2月1日短縮
7ページ
保険設計書を持参して説明をした。 

啓子から、「(原告へ)一応、話をしておいた。夫はいいんじゃないかと言っていた。

あとはあなたから話して」旨をいわれたため、中○は次に原告と面談し、

「今までとは違う保険料免除の特約が出来ました。
保険料は少しアップしますが必要と思う。
保険料を大きく上げないため保障の部分を多少下げることになる。
生きているときの保証が大切。 
保険料払込免除特約が大事と思いませんか」等と説明した。 

その際には、従来の保険契約の内容との比較をして説明をした。

それらの資料がなければ加入者は比較できず納得もできない。
そもそも保険料の案内もせずに保険募集をすることはできない。

契約者としても保険料が大きな関心事である。
保険設計書を渡さずに営業職員が保険勧誘をすることなどありえず、
現に本件では原告から被告に提出された保険設計書(乙3)が存在している。

クリック→★平成24年2月9日被告準備書面(2)・・(乙3)訂正文。
クリック→★平成24年2月9日 (乙3)証拠説明訂正書


原告は、中○の説明に対して 
「分かりました。後はうちの(啓子)に話しておいて」という回答だった。



比較資料作成日と申込書記入日が、平成12年2月2日に成っています。

しかし、被告準備書面(1)・・平成24年2月1日からは、
比較資料を作成した日に、転換契約をしたようには解釈できません。

時系列が、ハチャメチャな印象を受けました。


再現・復元(?)した転換時の書類

乙第3号証・・(全5ページ)
平成24年5月10日(保険会社は、比較資料と主張しています。)

短縮・ご契約のお申し込みにあたって表紙・・・★リードU内容短縮・・・★堂々人生内容短縮

乙・短縮6・・・乙・短縮7




乙第16号証の2・・平成24年5月10日

★短縮・設計書・デザイナー名有り・・・●Scan10009_convert_20120211013813 コピー


??の準備書面(3)。

平成24年5月10日 被告準備書面(3)2~4ページ

★平成24年5月10日短縮13-2 ・・・★平成24年5月10日短縮13-3 ・・・★平成24年5月10日短縮13-4 -・・・

乙第3号証・17号証 (再発行で同じ書類です)

★堂々人生申込書


代筆代印した申込書と、
再現・復元した書類に記載された重要・注意事項を根拠に、

準備書面(3)の大半で、いくら保険契約の正当性を主張されても・・・。

素人の私は、【つまり、証拠は何もない。】・・と誤解してしまいます。






プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR