fc2ブログ

社医筆跡提出請求は合法?。

和解案で社医の直筆提出を条件にしました。
しかし、被告は、この条件を頑なに無視しようとしています。


民事訴訟法第229条:証拠 - 書証 - 筆跡等の対照による証明

1.文書の成立の真否は、筆跡又は印影の対照によっても、証明することができる。

2.第219条、第223条、第224条第1項及び第2項、第226条並びに第227条の規定は、対照の用に供すべき筆跡又は印影を備える文書その他の物件の提出又は送付について準用する。

3.対照をするのに適当な相手方の筆跡がないときは、裁判所は、対照の用に供すべき文字の筆記を相手方に命ずることができる

4.相手方が正当な理由なく前項の規定による決定に従わないときは、裁判所は、文書の成立の真否に関する挙証者の主張を真実と認めることができる。書体を変えて筆記したときも、同様とする。

5.第三者が正当な理由なく第2項において準用する第223条第1項の規定による提出の命令に従わないときは、裁判所は、決定で、10万円以下の過料に処する。

6.前項の決定に対しては、即時抗告をすることができる。


釈明権

釈明権(しゃくめいけん)とは、事実関係や法律関係を明らかにするため、当事者に対して事実上あるいは法律上の事項について裁判所が質問を発し、または立証を促すことをいう。

そもそも弁論主義のもとでは、攻撃防御方法の提出は当事者の自由に委ねられているが、裁判所は、例えば当事者の主張が明確でない場合に質問したり、必要な立証が行われていない場合にこれを促すことで、審理の充実を図ることができる。

これは、訴訟の知識のない当事者について、その立場を保護する機能も有する。当事者が裁判所に対して相手方当事者に対する釈明権の行使を促すこともあり、これを求釈明という。

また、一定の場合には釈明権の行使は裁判所の義務(釈明義務)であると考えられている。


証明妨害の法理

証明妨害の法理(しょうめいぼうがいのほうり)とは、訴訟手続きにおいて、挙証責任(立証責任)を負わない当事者が、挙証責任を負う当事者の証拠の収集・提出(立証)を困難にしたり、妨げた場合に、妨害された立証責任を負う当事者に対して、有利に取り扱う法理をいう。

単に、立証妨害または証明妨害ともいう。


3 以上のような内容の自由心証主義にも制限がある

(2)②証拠力の自由評価の例外
ア 文書の形式的証拠力については推定が及ぶので(228-2.4)この場合は証拠力の自由評価が制限を受ける

イ また、当事者が文書提出命令に従わない場合、証明妨害の際に制限を受ける(224-1.2 229-2)

(3)③当事者の合意による制限
 証拠契約など、当事者が特定の証拠を提出し無い事を合意したような場合、かかる合意も有効であると解する。なぜなら、弁論主義のもとでは、証拠の提出は当事者にイニシアティブが認められるからである。


スポンサーサイト



判決文の事実認定矛盾・(社医出張日)

★外交員の証人尋問

裁判官は、「社医出張日は決まっていないのに・・??」と
何度も首を捻りながら、「代筆代印の理由」に疑問を抱き、質問を繰り返していました。

中武証人尋問・41頁・社医日程は決まっていない
中武証人尋問・42頁・社医日程は決まっていない


★判決文

判決では、申込記入日(証人尋問で、代筆の際、2月1日を2月2日に改竄したと証言)時点で、
2月25日の宮崎出張日が決まっていたと認定しています。

外交員の証言は、社医日程についても一転二転しており、その中から、つじつまの合う証言を事実認定したようです。

裁判官の事実認定は、自由心証主義規定に違反していないのでしょうか?。


和解案で、社医の自署提出を条件としましたが、被告は無視しています。

社医の筆跡と確信するなら、出し渋る理由はないと思うのですが・・。

判決文9頁・社医診査認定
判決文10頁・社医診査認定
判決文15頁・社医診査認定


判決文 【原告の主張は立証しても採用できない】と解釈できます。

外交員の証言は、その都度、一転二転しましたが、そんなことは関係ない趣旨の判決でした。

堂々人生の告知書の、【3年前、眼科で入院・通院なし】は、虚偽告知です。
3年前は、平成9年2月2日以前です。
リードU転換は、平成9年7月1日です。
堂々人生転換は、平成12年2月2日です。

堂々人生転換時に、入院給付歴・通院給付歴の為、社医診査決定が出ています。
その経緯から、会社が虚偽告知に気がつかないとは思われないので、意図的に虚偽告知を黙認したと思われます。

すなわち、外交員は、代筆・代印・虚偽告知の、不払い理由満載の転換契約を成立させたようです。
ですから、裁判前に外交員は、病歴を何が何でも誤魔化す必要があったと思われます。


民事裁判では、これだけ嘘の説明を立証しても、自由心証主義で判決ができるようです。

判決文 平成25年2月6日 17頁
判決文17頁・争点2 - コピー





[VOON] 職場で健康診断を受けていないので病院に行った。1回目の面談


甲28-2 (平成21年7月7日の眼加入院歴の虚偽説明の立証証拠)
病院で受けた健康診断で、体調が悪くて条件が付いた。また、職場で健康診断を受けていなかったので健康診断を病院で受けた。と説明しています。

★11頁
12頁・7月7日・職場の健康診断を受けていないので病院で健康診断を受けた。
13頁・7月7日・職場の健康診断を受けていないので病院で健康診断を受けた。




[VOON] 入院は堂々人生でした。1回目の面談

甲28-2 (平成21年7月7日の眼加入院歴の虚偽説明の立証証拠)
外交員は、眼科入院は堂々人生転換後だと断言しています。

甲28-1・74頁・7月7日の病歴説明
甲28-1・75頁・7月7日の病歴説明





[VOON] 堂々人生で眼科入院した。2回目の面談

甲42号証(平成21年7月21日の眼加入院歴の虚偽説明の立証証拠)
外交員は、堂々人生で眼科入院したと誤魔化しています。

甲42 14頁 7月21日の病歴虚偽説明





堂々人生告知書の、3年前に眼科で入院・通院なしは、虚偽告知です。

原告は、診断書と告知書の筆跡は、同人物ではないと主張しましたが、裁判官の自由心証主義で、社医の筆跡と認定したようです。

しかし、納得できないので、和解案で社医の自署提出を切望しましたが、現時点では無視のようです。

立証証拠のない健康診断の究極の立証は、診断書を作成した社医の筆跡照合だと思うのですが・・
しかし、裁判官は、一転二転する被告の証言は信用できるので、社医筆跡の照合までは必要ないと判断したようです。


円の形比較トリミング







証拠隠滅・立証妨害の不正と判断する。

証拠を提出せず、証拠隠滅と立証妨害の不正に当たると判断した。
研究活動の不正行為に関する調査報告

東京大学科学研究行動規範委員会規則

第一生命は、
社医の検診書を立証する証拠は存在しないので提出できないが、診断書を偽造するはずはないので診断書は本物だと主張しました。

そして、裁判官は、その主張を認め、診断書と社医の筆跡を照合することなく、自由心証主義で診断書は本物と認定しました。


原告は、和解案で、現存する社医の直筆確認を切望しましたが、今のところ、裁判官も第一生命も筆跡照合の和解案は無視しています。

和解が決裂すると、既に判決文は書き上げているので、その時点で判決がなされる段取りに成っているようです。

東大では、
【森口氏がデータや実験ノートなどの証拠を提出せず、証拠隠滅と立証妨害の不正に当たると判断した。】と発表していますが、

東京大学が不正と判断した行為は、企業と個人の民事裁判では、裁判官の自由心証主義で証拠隠滅・立証妨害は成立しないようです。

裁判官の自由心証主義は、それほど絶大な最強権力だと実感しました。



これが、保険会社の裁判手法?。

上申書(和解について)(2) 平成25年9月11日

【控訴人の疑念を踏まえ、弁論の再開が必要と判断されるのであれば、民事訴訟法に定める証拠調べ手続き(179条ないし242条)に則って被控訴人としては対応することとしたい。】

・・と回答がありました

つまり、保険会社は、社医の検診書再現(筆跡の確認)を拒みました。


現存する社医の検診書再現拒否、保障内容の詳細説明拒否、個人情報(住所・子供の生年月日)の改竄の解明拒否は、

企業理念である顧客第一・信用第一とは相反するものと思われます。

この様な手法が民事裁判で通用すること自体が驚きです。


ちなみに、控訴人は、一貫して、健康診断は受けていないと主張していました。

ですから、訴訟法179条に則っての対応することとしたいの根拠が理解できません。

また、面倒な控訴法242条の対応に変えて、一番簡単な社医の検診書再現を拒否する根拠が理解できません。

よほど、検診書再現(社医の筆跡確認)拒否は、保険会社にとって譲ることのできない重要事項のようです。

民事訴訟法 第179条 証明することを要しない事実

民事訴訟法 第242条 口頭弁論における再尋問



控訴審(和解の条件を提示しました。)

和解案を提出しました。

これらの和解案条件は、保険会社にとっては、顧客の疑惑を払拭し、保険契約の正当性を立証できる証拠と成るはずです。

ですから、保険会社が拒否する理由はないと思われます。



平成25年(ネ)第128号 損害賠償請求控訴事件
控訴人  金 丸  ●●
被控訴人 第一生命保険株式会社

和解について(2)

               平成25年9月5日

福岡高等裁判所 宮崎支部 御中
                控訴人訴訟代理人
                 弁護士 ●● ●●

1 控訴人が、平成25年7月29日付「和解について」と題する書面(便宜、「」という)を提出したところ、これに対して、被控訴人から、平成25年8月22日付けで「上申書(和解について)」と題する書面(便宜、「B書面」という)が提出された。

  そこで、こうした経過に基づき、更に、控訴人の和解についての考えを述べる。

  控訴人は、A書面の2において、①~③の3つの書類ないし資料の提出を要求しているので、
以下、①~③のそれぞれについて、考えを述べる。


2 ①について

  被控訴人は、B書面で、「検診書(甲7及び乙4)作成から比較的近い時期に同医師が作成した他契約の検診書」の提供を提案している。


(保険会社の方から、他契約の検診書提出を提案してきました。)

  しかしながら、控訴人は、中武が本件の検診書だけでなく、
他の契約案件にかかる医師(緒方医師を含む)の検診書も偽造している件があるのではないかと考えている。

したがって、緒方医師作成の他契約検診書自体が既に、偽造されたものである可能性がある。

したがって、あくまで、A書面で述べたものを要求したい。

(A書面で、社医直筆の診断書・告知書の再現。及び、A4程度の社医直筆文章の提出を、和解の条件にしました。)  

できれば、これに加えて、B書面で述べられている「検診書(甲7及び乙4)作成から比較的近い時期に同医師が作成した他契約の検診書」で、

中武が偽造を疑う余地のないもの、つまり、福岡、長崎等、宮崎県外の契約であることが明らかにわかる契約に関して緒方医師が作成した検診書(できれば複数)を提出していただきたい。

  なお、①に関連して、緒方医師が控訴人一人だけの検診のために宮崎市に来たことは考えられないので、

「検診書(甲7及び乙4)作成の日である平成12年2月25日に緒方医師が作成した他の契約案件にかかる検診書も提出していただきたい。

(一審では、外交員の一転二転する証言のうち、

「申込書(平成12年2月2日)の取り直しをしていると、

申込日から23日後の社医の定められた宮崎出張日(平成12年2月25日)の予約に間に合わないから、代筆代印をした。」・・を採用しました。

つまり、判決文を根拠にすると、2月25日の社医診査予約者は大多数いると推測できます。)



3 ②について

  B書面において、この書面が存在しないということなので、
「乙21-1」に記載している保障内容を、同じ保障内容であると控訴人が理解できるように再現していただきたい。
【合計保険料56000円・頭金ナシ・普通死亡7500万円・基本死亡4850万円・その他の特約】。
控訴人としては、申込受理申請時の保障内容と、堂々人生の保障内容は全く異なるものになると考えている。


(一審では、同じ保障内容と認定したようです。

しかし、原告は詳細説明なしでは、同じ保障内容とは理解できません
。)


4 ③について

  住所変更届自体は仮に破棄されているとしても、変更届によって住所変更処理をした経過は残っているはずであり、

住所変更がいつ、何回行われたかについて調査して報告していただくことを求める。

また、中武が住所間違いに気づいた経緯と、顧客(控訴人)に告げずに、住所変更をした理由の詳細説明を中武の直筆で記載したものを求める。




プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR