FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交員の勧誘方法とは・・。

ごまかしだらけの保険販売

長期入院すれば多額の費用がかかるから、
保険に入って備えましょうと訴える保険会社。

だが公的な制度を使えば、ある程度の対応は可能だ。
彼らの口車に乗せられてはいけない。

 どの保険会社のパンフレットにも、
「入院したら多額の費用がかかります」などとした上で、
「もしもの備えは万全ですか」と、保険の必要性を訴えている。

 しかしこうした記述は、確かに一面では事実であるものの、

別の側面から見ればクロに近いグレーな表現である。

例えば、長期入院などで医療費が膨れ上がったとしても、
自己負担する金額は実はそこまで大きくないからだ。

 これは、高額療養費制度というもののおかげ。

医療機関に支払う医療費が、所得に応じて決められた一定額を超えたら、
超過分の一部が払い戻されるという制度だ。

・・・・


下記の文面(赤色の枠)は、上記のグレーの勧誘方法と同じでは・・?。

平成23年2月1日・・被告準備書面(1)
(6)短縮24年2月1日

騙されない保険! by週刊ダイヤモンド 4/21号の画像
第一生命
商品がわかりにくく、保険料も必要以上に高い
年齢が高くなると保険料が上昇して支払いが・・・
・・しくなりやすく、加入者からの相談が多い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)短縮23年2月1日

割安な保険料で高額保障が続き・・・、
20年後には一生涯にかえて年金への移行を選択することもでき、
老後の保証も自在に設計することが出来る。

両者の保険の評価と認識は、全く異なるようです。





子供が小さい時、猫の鳴き声を、いつも真似していました。
ニャ~・ミャ~ではなく、この鳴き声でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

厳しいのでは

「マイクロフィルム」で検索していて、偶然たどり着き全文読ませていただきました。

保険会社の人間ではありませんが、知識はありますのでコメントさせていただきます。

まず、請求は難しいでしょう。
裁判で最初に「何がしたいの?」と聞かれたのが全てです。

すでに契約は契約者本人の意思によって解約している。(①本来使っていたという欠けた印+募集人が作って渡したという印の双方がある②解約返戻金を契約者本人の口座で受け取っている。)

契約や転換の際に錯誤(誤解)があったとしても、既に契約自体が存在していないので…出来るとすれば、原状回復ですかね。

既払込保険料から支払いされた解約返戻金と給付金を差し引いた金額です。契約者にも相当の責任(告知義務違反など)があるので、利息の請求も難しいでしょう。

健康診断(社医による診査)を受けた記憶が無いと仰いますが、被保険者欄に他の書類と同じ筆跡の自署があるので…

そもそも
「一般人は保険に対する知識は無い」
なんて言いますが、月4万・年50万の高い買い物、中身も知らずに払い続ける方がどうかしています。重要事項説明を怠ったとしても、手元にしおり・約款はあるわけですから、いつでも確認出来るはずです。私には、知ろうと努力もせず責任転嫁しているようにしか見えません。

「告知義務違反を見逃した」
保険会社側に落ち度はある(気付かないまま3年経過すると、保険会社から契約を解除することは出来なくなります→契約者が責められることはあっても保険会社が責められる理由は無い)。ただ、給付歴があったから気付けたかもしれない、というだけで契約者への不利益は全くありません。逆に告知義務違反で解除されると、今まで払ってきた保険料が戻ってこないこともあります(詐欺と一緒ですからね)

「更新型は割安な保険料」
事実です。保険期間中に支払理由が発生しない(無事に生きていた)場合は何も戻りません。いわゆる掛け捨てなので保険料が安くてすみます。5000万で終身(一生涯保障)だと、20年払で月18万くらいかかりますが、定期(更新型)だと、年齢によっては月3万くらいで済む場合もあります。その代わり、更新時は保険料が2~3倍になったりしますが。不謹慎ですが、長生きしたら終身(必ずもらえて預金より率も良い)、そうでなければ更新型が得します(合計の払込保険料が少なくてすむので)。良くがん保険に入っていて、がん以外で入院した時に給付金が貰えないとクレームを言うような人がいますが、バカかと思います。

まあ、私は独身なので保険には入りませんよ。医療費については仰る通りなので、僅かばかりの預金があれば充分です。

なお、募集に関して中武さん?は別に嘘を言ってませんよ。入院で苦労したというより、亡くなったことで苦労したと言ってますから。だからこそ、旦那さんが事故にあわれて一定の障害が残った場合、保険料が払えなくなって死亡保障が受けられないとお金に苦労するから、保険料払込免除特約を勧めたのだと思います。その後のやりとりは支店長?相談室も含め、いかがな
ものかと思いますが。

ちなみに、金融庁(FSA)、生保協会にクレームが入るのを、保険会社はかなり嫌がります。対応結果について報告しなければならないので。

今回、あなたは両方されていて、尚且訴訟で和解も持ち掛けてこないと言うことは、あなた方以外は「言いがかり(法的には何も問題は無い)」と認識していると思います。

賠償金が取れるとそそのかされたのかもしれませんが…結果、訴訟費用、弁護士費用で損しますよ。
保険でも、昔の商品は予定利率が良かったので転換・解約して損してますし。

今後はもう少し勉強して賢くなってください。

No title

コメント有難うございます。

厳しいでしょうか?。

>重要事項説明を怠ったとしても
・・ではなく、転換の提案自体をしていません。

>健康診断(社医による診査)を受けた記憶が無いと仰いますが
・・これは、控えめな表現です。告知書の裏の診断書は、偽造だと確信しています。

>「告知義務違反を見逃した」
代筆代印の経緯からすると、虚偽の告知を見逃すことは不自然です。

>「更新型は割安な保険料」
・・堂同人生はリードUより保障が下がっています。
実際に割安だとしても、素人の顧客が加入時に割安と理解しない限り、契約はしません。

>入院で苦労したというより、亡くなったことで苦労したと言ってますか
・・外交員は、自分の身内で苦労したなら、真っ先に、自分のご主人に入れるはずです。いい保険ならなお更です。しかし、入れていません。


>ちなみに、金融庁(FSA)、生保協会にクレームが入るのを、保険会社はかなり嫌がります。対応結果について報告しなければならないので

・・これに感しては、かなり興味があります。
裁判では、代筆代印を認めましたが、裁判前は代筆を認めませんでした。
準備書面では、代筆代印の理由をでいろいろ述べていますが、金融庁には代筆代印を認め、準備書面と同じ報告をしたのか確かめたいと思います。
金融庁に虚偽の報告をするはずは無いと、信じたいです。



同じ思い

同じように保険の転換で苦しんでいる人は沢山います。
私の職場では、ほとんどの人は転換済みです。

ただ私が疑問に思うのは、保険証書をどうして見ないのか?あるいは書いてあることがどうして理解できないのか?いずれも皆さん最高学府を出た方です。

Re: 同じ思い

> 同じように保険の転換で苦しんでいる人は沢山います。
> 私の職場では、ほとんどの人は転換済みです。
>
> ただ私が疑問に思うのは、保険証書をどうして見ないのか?あるいは書いてあることがどうして理解できないのか?いずれも皆さん最高学府を出た方です。

昔、豊田商事事件がありました。
当時、毎日のように、新聞に、かなりの大企業のようなチラシで、求人募集をしているので、
私は、てっきり急成長した大企業だと思っていました。

新聞であのように宣伝する企業が詐欺会社だとは疑わずに、被害が拡大しました。
被害者の中には、「あの人はいい人だった。私は騙されていない。」
と、被害を認めようとしない人もいました。

保険会社も、何故だか(?)大々的に宣伝をしています。
普通の常識(?)では、テレビで大々的に宣伝する会社を、
信用のある大会社だと認識します。

テレビの宣伝で、信用できる大会社と洗脳された顧客は、
その後、外交員の熱意と、会社の信用で加入します。

保険の内容は、外交員の説明を100%信用します。
顧客は信用という商品を買うので、その商品が詐欺だと疑りません。

20年前ぐらい前は、メーカはプライドを持って商売をしていたので信用がありました。

保険の創世記に、先輩たちが苦労して培った、信用の基盤を利用して、 その時代に加入した信用している世代を狙っての、転換なので、簡単に騙されるのだと思います。

そんな商売は、いつかは淘汰されると願っています。

金丸さんへ

厳しいコメントにも関わらず、真摯に返信いただけて素晴らしいと思いました。私のわかる範囲ですが回答します。

>告知書 の裏の診断書は、偽造だと確信していま す。

告知書は被保険者が記入するものです。また、解約請求書の自署と比較する限り、告知書の自署も同一と判断できます。(万一、自署以外を他人が書いたとしても、白紙委任状のように何も文句は言えません。なお、社医は告知の受領権があるので、加筆しても問題ないです。)

なお、裏面?の診査報状については社医が記入するので、告知書の筆跡と相違するのは当然です。

>虚偽の告知 を見逃すことは不自然です。

虚偽の告知をすること自体が問題だと申し上げております。責任は被保険者にあります。たとえ保険会社が見逃したとしても問題はありません。普通は調べますので杜撰なのは間違いありませんが。

>「更新型は割安な保険料」 ・・堂同人生はリードUより保障が下 がっています。 実際に割安だとしても、素人の顧客が加 入時に割安と理解しない限り、契約はし ません。

第一生命さんの商品内容は詳しくないのでコメントは控えますが、転換+新契約(堂々人生?)の申込書自体は本人の筆跡のようですので、知らなかった、のでは済まないのでは。子の告知書と証券再発行請求書は代筆で間違い無さそうですが(思いきり、保険業法違反ですね。懲戒免職されてもおかしくないレベルです)

>外交員が自分で加入していない。

中武さんのご家族の健康状態に問題があるか、余程のやり手なのでしょう。
普通はノルマで家族・親戚から加入させていきます。社員契約だと割安で入れますし。


で、今後考えられるであろう流れです。

ちなみに、損害賠償請求は多分無理です。

可能性①保険を元に戻したい。
転換が錯誤であった旨主張し、解約がそれに基づくものであったから、解約・転換ともに無効。よって、解約時に受け取った解約返戻金を保険会社に返金し、転換も無かったものとする。元の保険が有効に継続していたものとみなし、それまでの保険料を入金して元に戻す。

可能性②最初から保険に入っていなかったものとする。
これまでに払った保険料から解約返戻金・入金給付金を差し引いた金額(保険会社が不当に預かっていたお金)に商法で定められた5パーセントの利息を付けて返金してもらう。もしくは、転換しなかった場合の解約返戻金を再計算してもらって差額を返金してもらう。

のいずれかが現実的です。
最近になって保険の見直しが世間的に騒がれていますが、医療保障以外の終身保険は継続した方が得です。無駄な特約が多過ぎるので、不要な特約部分のみ解約するのが賢いですね。転換なんかは保険会社の思う壺です。

やはり一般人には難しいですよね。
うちの親は昔から金貯蓄をしたり、保険の見直しもライフスタイルの変化にあわせて修正していましたが、珍しい事例なのかもしれませんね。

No title

コメント有難うございます。

>万一、自署以外を他人が書いたとしても、白紙委任状のように何も文句は言えません。なお、社医は告知の受領権があるので、加筆しても問題ないです。

・・・9月11日付けの支社の回答は下記でした。
【告知項目1~9項については社医が受診者に質問してその内容を社医が記入し、受信者に記入した内容を確認していただいた上で「自署欄」 と 「告知日」 を記入していただいているとのことです。】

契約者が記入するのは、名前・生年月日・勤務先・職種・告知日で、それ以外は、社医が記入するようです。
そして、裏面の検診書は、全て、社医が記入するはずです。

その前提で検証すると、違和感を感じませんか?。
http://kassis.blog90.fc2.com/blog-entry-404.html


>虚偽の告知をすること自体が問題だと申し上げております。

虚偽の告知とは、詐欺無効の可能性があるということですね。
堂々人生は、保険料を払うだけの保険契約だったということです。
悪質ですね。


>申込書自体は本人の筆跡のようですので、知らなかった、のでは済まないのでは

申込書・子供の告知書・保険証券再発行請求書・・が代筆です。
ちなみに、新たに判明した○○も代筆代印でした。
あまりにも、でたらめすぎて恐怖を感じるほどでした。


リードUも、かなり悪質な保険だと私は思います。
こんな保険はいくら勧められてもいりません。
外交員は調子に乗って、次から次に悪さをしたようです。

裁判では転換契約無効・債務不履行を要求しています。

偶然拝見しました

私も記事読ませていただきました。
正直なところ、難しいかと思います。

以前、保険会社にいまして、複数の拠点で事務をし、もちろん支払部門にもおりました。
ですので、裁判をおこされる案件も多くみましたし、契約に関するクレームも多く受けました。
保険会社にも他複数在籍し、コールセンターや今あなたが問題にされている営業も経験しました。

複雑なんですが、元内勤としては、営業として入った時の衝撃はすごかったことは認めます。
仰っている会社とは別ですが、素人に「良い点を強調して説明し販売させる教育」であると感じたのは認めます。
長年保険の内勤をしていた者には心が痛く続きません。

私の話で申し訳なかったですが、それ位、いわゆる営業レディ(最近のコンサル色の強い販売員は除く)は知識が薄い人が多くノルマがきつい。最初は遠慮がちでも、なれたら成績重視です。

一方、内勤としては「入ってて良かった」という声も沢山聞きました。支払が発生した場合に個人的に「すごく得してる」と思う方も大勢いらっしゃいました。

重々ご承知でしょうが、保険は商品の介在しない、紙と印鑑とお金で成り立つものです。

私の知人も、保険ではないですが、金融商品で数千万円損したらしく「騙された。嘘つきの集団。訴える。」と会社と何度もやり取りし何やかや書面を取り、裁判をおこすつもりのようです。

聞いた限りで、私も同じ質問をその人にしました。
「最終的にはどうしたい訳?どうなったら気が収まるの?」

何故なら、「嘘の説明を受けた」というにもかかわらず、契約書を交わしているからです。

そうなると、損失がある可能性のある場合、必ず記載があるからで、承諾している限りは賠償はしてもらえません。

あとは可能性として、消費者契約法だの金融商品取引法だの何だの…で、例えば精神的苦痛を受けたとしての賠償だとか(その人は損害を被ったことで精神的な病で入院したそうなので)
しか考えられないですもんね。すごい発狂ぶりでそれしか言えません。

失礼ながら、あなたも同じように見えました。
費用もかかるでしょうし、これまで保障は長年受けられても現在裁判に意欲を燃やせたり元気と時間があるなら幸せです。

本当に大病をすれば、みんな今からでも保険に入りたいと言ってますよ。
「公的医療保険制度で十分」であるなら、この件は勉強代と思って今後に備えて貯蓄された方が良いかと思います。

No title

コメント有難うございます。
私も、いざという時、保険は需要だと認識しています。

だからこそ、保険料が安いうちにと思い、26歳の時から、保険に加入しました。

外交員はその保険を、10年更新の保険に切り替えました。
ほとんどの人は、泣き寝入りしているのでしょう。

その実態を承知しているので、このようなコメントになったのだと思います。

結果はどうなるかは、裁判で確認します。

【発狂ぶりでそれしか言えません。
失礼ながら、あなたも同じように見えました。
費用もかかるでしょうし、これまで保障は長年受けられても現在裁判に意欲を燃やせたり元気と時間があるなら幸せです。 】

上記は失礼では有りません。
ほめ言葉と受け取ります。

何かに熱中する時は、おかしいと思われるぐらいでないと、
その決意は、本物ではないと思います。

文化は、おたくが作っているように・・・です。



プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。