FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申込書(特別終生安泰保険から堂々人生まで)

昭和56年10月1日付け加入・特別終生安泰保険のお知らせ

昭和56年8月に長男が生まれて、すぐに
『家族みんなの保障と、そして、葬式代、老後資金の確保のため。』
『若いうちに保険に加入したほうが良い。』
『年齢が高くなると、保険料が高くて保険に入れなくなる。』

・・と勧められ、保険に加入しました。
加入当時は、一万円の保険料が払えるだろうかと、心配しながらも加入しました。

昭和63年9月?日・申込書

契約者自署欄の筆跡は、本人です。
住所欄の筆跡は、私(妻)です。
特約と保険料が、手書きで訂正しています。

どうやら、この契約も、何らかの作為をしているようです。

(本人・妻・子型に加入しているのは、間違いありません。しかし、引き落とされた保険料は、2万564円でした。)


平成2年に、現在の住所に転居しました。
下記からが、外交員が転換した保険です。



平成4年?月?日・申込書

申込日が黒塗りです。会社の処理印の日付【4年7月5日(戸高)】
自署欄の筆跡が違います。

印鑑は、私の銀行印です。(欠けた印鑑)
住所が、本人記入欄も会社記入欄も間違えています。
10年満期の本人型に成っています。



平成4年7月27日・告知書

主人の筆跡だろうか?。
私には、判別できません。


平成9年5月2?日・申込書

自署欄の筆跡が違います。
印鑑は、私の銀行印です。(欠けた印鑑)

本人記入欄の住所が、間違いです。
しかし、会社欄は正しい住所です。

10年満期の、本人・子型です。
子供の誕生日が、正しく印字されています。

保険料4万6148円です。(今回、初めて知りました。)


平成9年6月17日・・申込書内容訂正請求書権変更承諾書

自署欄は、本人の筆跡です。
印鑑は銀行印です。(欠けています。)
多分、保険料を、4万646円に調整したのでしょう。


平成9年6月17日・告知書

自署欄は、本人の筆跡です。
告知書と、申込書内容訂正請求書権変更承諾書の日付が同じです。(平成9年6月17日)

主人の記憶では、『健康診断の予約をしているからと外交員に言われ、契約したその日のうちに、健康診断を受けた。』・・でした。
偶然だろうか・・?



平成12年2月2日・申込書

自署欄の筆跡が違います。
印鑑は、外交員がくれた印鑑です。

本人記入欄の住所は、間違いです。
しかし、会社欄は正しい住所です。
子供の誕生日が、手書きで訂正しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。