FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控訴審で、デタラメ証言の立証証拠を提出しました。

平成24年4月17日の一審判決では、

【保障設計プラン及び「ご契約のお申込にあたって」の各書面を作成し・・・加入を勧めた。】

と、被告保険会社の主張を,ほぼ全て認めた判決文でした。

そこで、保障・特約内容説明が、どれだけ虚偽でデタラメだったかの証拠を、控訴審で追加提出しました。

一審では、裁判の原則と思われる証拠と立証を全て無視した判決でしたが、
控訴審では、証拠と立証によって判決することを期待しています。

まさか、高裁が、一審の判決文の

【本件告訴提起前の主張内容が本件訴訟における主張内容と異なる点を挙げて、被告の主張が信用できない旨主張するが・・・原告の主張は採用できない】

(※判決趣旨・・被告がデタラメだらけの主張をしても問題ない。証拠も立証も関係ない。全て認定する。原告の主張は全て却下する。)

ではない事を祈ります。

第一生命に送付したファックス内容の立証証拠として、録音と反訳文を提出しました。

判決文6頁 平成25年4月17日
6頁コピー




(甲33)   
(甲34)

★甲35 
★甲35・2-1 - コピー・・甲35・2-2

★甲36
甲36

★甲37
甲37

★甲38
甲38・3-1・・甲38・3-2・・甲38・3-3


[VOON] ★★短縮7月1日・途中で減額した。最初一億円かどうか後から調べる

[VOON] 7月7日 途中で減額した

[VOON] 7月7日 最初に保険料の調整をした

[VOON] 7月21日 4万1千円の保険料で提案した。

【甲42 平成21年7月21日の反訳文 1~3頁】
7月21日 反訳文 1頁7月21日 反訳文 2頁
7月21日 反訳文 3頁

★甲39
甲39
★甲40
甲40 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。