FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要事項説明書の不交付は、建築士法では法令違反のようだが・・。

裁判官は、保険業法は守らなくても、あまり関係ない趣旨の判決をしました。
金融庁は、裁判所の保険業法の解釈に同意するのだろうか?。

また、この判例は、保険業界に取って、朗報だろうか?。

★判決文
判決文・19頁


建築士から重要事項の説明はありましたか。

回答
建築士法第24条の7で定める「重要事項説明」と交付する書面である「重要事項説明書」の交付はありましたでしょうか。

重要事項説明は法で定めた義務行為であり、これを履行しなければ当然ながら法令違反となり、建築士は処罰されるばかりか、民事上の債務不履行責任とし損害賠償義務を負います。
したがって、建築士側にこれらの義務違反がないか確認する必要があります。

こちらから損害賠償請求する場合、有力な決め手となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。