FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険業法違反は、5年以下の懲役又は罰金100万円以下と言う刑事罰?。

裁判所の解釈では、保険業法違反はお咎めなしだが・・・。

裁判官は、申込書の日付の改竄・子供の誕生日・住所等の個人情報の改竄も容認したが・・。

この判例は、保険商品を扱う保険会社・銀行にとって、

事実上の裁判所お墨付きの合法行為となるかも知れません。

「保険業法違反は刑事罰」は、あくまでも被害者の勘違いの期待でしかないようです。



★判決文
判決文・19頁

違反すると5年以下の懲役又は罰金100万円以下と言う刑事罰となります

 初めの回答で 保険業法第300条は強大ですと述べましたが 
違反すると5年以下の懲役又は罰金100万円以下と言う刑事罰となります。


よって、被害者が告発すると警察・検察が動く事になります。

クレームから発展する民事の争いでは済まなくなる訳です。

警察が事件性を感じると証拠保全等を行うために会社(支店・代理店)へ立ち入り調査を行い関係書類を差押えます。

この図式から考えると 保険業法第300条は個人に対するものだけでなく会社も大きな打撃を受けます。

また、担当者は会社に打撃を与えるような契約取得により募集に関する諸手当を受け取っているため、
会社側から募集手当の搾取により詐欺罪で告発される可能性もあるそうです。

ですからこの法律は強大なのです。

投稿日時 - 2005-09-22 14:27:04
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。