fc2ブログ

(規則119条)•証人に対しては、文字の筆記その他の必要な行為をさせることができる

控訴人が提示した、社医の筆跡提出の和解の条件は、
条例で、【証拠の概念と証拠調べの方法 】として、認定しています。

つまり、疑惑を払拭する為の証拠として、裁判所も保険会社も、この条件に異論を唱える根拠はないと思われます。

私は、【上申書に社医筆跡提出拒否という文面を明記することなく拒否した】・・と解釈したので、和解案(3)では、拒否する理由のない文章にしたつもりです。

保険会社は、社医筆跡拒否という文面を残さなければ、拒否したことに成らないと確信しているのでしょうか?。

どの様にでも解釈可能な文章の世界では、★詭弁が飛び交うという印象を受けました。

上申書(2) 平成25年9月11日
保険会社が提出するとした検診書2通は、個人情報をマスキングしたものです。
つまり、究極個人情報である告知内容(社医直筆)をマスキングする可能性があります。



和解について(3)  平成25年10月4日

★i控訴(原)和解案(3)(社医筆跡要求)・H25年10月4日 - コピー



民事訴訟法講義
証 拠 1/3
1 要証事実と不要証事実(179条)


人に一定の行為をさせる証拠調べ

2.1 証拠の概念と証拠調べの方法

人に一定の行為をさせる証拠調べ

自然人に対して証言や陳述以外の積極的行為をさせる証拠調べも許される。もっとも、この点については次の規定があるにとどまる。

•当事者に対しては、文書の真正の証明のために対照の用に供すべき文字の筆記を命ずることができる
(229条3項。命令違反の制裁についての4項も参照。)。

•証人に対しては、文字の筆記その他の必要な必要な行為をさせることができる(規則119条)。  


対照用の文字の筆記をさせることや、状況の説明のために略図を描かせることができ([条解*1997a]262頁)。


使用人が裁判長の行為命令に従わないこと対する制裁は用意されていない([条解*1997a]262頁)。

これ以外に、どの範囲の行為(例えば、歌唱・舞踊・楽器演奏・歩行あるいは走行)まで命ずることができるかは、明確ではない(なお、これらの行為を命ずることができることを前提にすれば、その証拠調べは法廷外でなされることが多くなろう)。

裁判所がこれらの行為を命じたにもかかわらず、当事者が正当な理由なくそれに従わない場合には、そのことは弁論の全趣旨の一部として斟酌することができよう。

第三者が正当な理由なくそれに従わない場合に、第三者に制裁を課すことはできないが、ただ、そのことを補助事実として斟酌すること、あるいは証人が当事者と一定の関係にある場合に、

その関係とともに不服従を弁論の全趣旨の一部として斟酌することは許されると解してよいであろう。


3.2 証明

裁判官が要証事実の存在につき「通常人として合理的な疑いを差し挟まない程度に真実性の確信を持った状態」を証明という[6]。

さらに、裁判官がこのような心証(心理状態)をもつように、当事者が資料を提出することも証明という。

挙証あるいは立証ともいう。

なお、「挙証者」(220条2号3号・229条4項)とはいうが、「証明者」とはあまり言わない。当事者の立証活動は、証明責任の分配を考慮して行われる。証明責任は247条と関連するので、後述する。



筆跡等の対照による証明)第229条
 第229条 文書の成立の真否は、筆跡又は印影の対照によっても、証明することができる。
 (2) 第219条、第223条、第224条第1項及び第2項、第226条並びに第227条の規定は、対照の用に供すべき筆跡又は印影を備える文書その他の物件の提出又は送付について準用する。

 (3) 対照をするのに適当な相手方の筆跡がないときは、裁判所は、対照の用に供すべき文字の筆記を相手方に命ずることができる

 (4) 相手方が正当な理由なく前項の規定による決定に従わないときは、裁判所は、文書の成立の真否に関する挙証者の主張を真実と認めることができる。書体を変えて筆記したときも、同様とする。

 (5) 第三者が正当な理由なく第2項において準用する第223条第1項の規定による提出の命令に従わないときは、裁判所は、決定で、10万円以下の過料に処する。

 (6) 前項の決定に対しては、即時抗告をすることができる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

雪月花風

Author:雪月花風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR